姫マツタケ 癌

姫マツタケは癌に効くのか?

アガリクスが癌に効果があると聞いたことがある方は多いと思います。まず、アガリクスとは、キノコ単体の名称ではなく、ハラタケ属のキノコの総称で、日本国内でも30種類以上あります。実際に、人間の免疫力を高めたり、癌細胞の抑制が科学的に証明されているものもあります。

 

ただし、アガリスクだと何でも良いという訳ではありません。

 

なぜなら・・・?
アガリスクの効果を得るには、アガリスクの中でも、きちんと科学的にも証明されているものを選ぶ必要があるからです。

 

 

そして、ハラタケ属のキノコ、アガリスクの中で、唯一科学的に証明されているのが姫マツタケ」です。

 

 

では、姫マツタケには癌にどのような具体的効果があるのでしょうか?

 

 

 

姫マツタケの成分

姫マツタケの有効成分は、抗ガン作用が注目されて以来、抗ガン剤のような副作用がなく、効果も優れているため、 今でも研究が進んでいます。

 

 

具体的には?

今現在の研究の結果では、以下の成分による、癌に対する効果が判明しています。

β-グルカン、β-D-グルカン

免疫促進作用があります。ガン細胞を抑制する効果があります。

α-グルカン

抗腫瘍効果があります。

ステロイド類

制ガン作用があります。

β-ガラクトグルカン

腫瘍抑制効果が高い抗ガン性多糖体です。

核酸

癌の増殖を抑えます。

 

などなど。つまり、

 

アガリスクの中の姫マツタケ」は、がんの予防、進行抑制、症状緩和に効果があり、科学的に証明されています。

 

 

姫マツタケを選ぶのに必要な3つの条件

アガリスクの中でも癌に効果を期待するためには、まず姫マツタケであることが第1です。これは絶対条件で、どのキノコか明記していないアガリスクは避けましょう。

 

さらに、姫マツタケの品質、栽培環境、土壌環境などにこだわった商品を選ぶことをオススメします。

 

また、実は体内に吸収されにくいβ-グルカン。せっかくの有効成分でも届かなくては意味がありません。

 

吸収されにくいβ-グルカンを体内にしっかり吸収するには、堅い細胞壁を砕き、吸収しやすくされた商品が理想です。

 

 

つまり、姫マツタケであること、品質管理、吸収されやすい商品、の3つが効くのに必要な条件になります。

 

以上のことを全て考えた上で開発された姫マツタケの商品としては、「姫マツタケ ABPS」などがあります。
※ABPS=アガリクス・ブラゼイ・ポリサッカライド(姫マツタケの成分)

 




あきらめずに戦う人へ:国産の姫マツタケ【ABPS 待望の7日間トライアル発売開始】

 

 

アガリスクの中の姫マツタケは、癌に対する優れた効果が証明されています。

 

ただし、劇的に癌を治す魔法のようなものではありません。病院での治療を受けた上で、さらに少しでも治療の助けになるように、きちんと効果がある姫マツタケを選んでみてはいかがでしょうか。

 

その際ポイントになる・・・

  • 姫マツタケである
  • 姫マツタケの品質
  • 栽培環境
  • 土壌環境
  • 吸収率(細胞壁を砕いているもの)

を考慮することを忘れないようにして、アガリスクを選ぶと良いでしょう。



あきらめずに戦う人へ:国産の姫マツタケ【ABPS 待望の7日間トライアル発売開始】

 

 

 

早期発見が鍵

癌と聞くと未だに多くの人が一度患ってしまうと死んでしまうというイメージを持つと思います。

 

確かに今でも癌になって死ぬ人が多いのは事実です。ですが、だからと言って一度癌になると、死ぬ病気が癌という事にはならないです。では、今は癌という病気をどういうものだと思えば良いのかというと、それは早期発見できれば治る可能性が高い病気という事です。

 

ただ、ここで注意しないといけないのは早期発見のタイミングが、若い人と年配の人では違う点です。なので、年配の人なら普通に助かっていたような時期でも、若い人の場合は癌の成長速度も速いので、手遅れになっている事もある点です。なので、同じ早期発見でも、年配の人と若い人では癌を発見するタイミングで、助かるかどうかも違ってくるので、その点は注意しないといけないです。

 

 

ですが、確実に早いうちに癌が見つかれば今の癌治療を受ければ助かる可能性が高いです。それぐらい現代の癌治療は進んでいるので、そこまで癌を恐れる事はないです。でも、多くの人は未だに癌になったらもうダメだと思っているので、その肝心な癌発見のための検査を受けないという人がいます。それでは助かるチャンスをみすみす逃す事になるので、癌で死にたくないと思うなら、積極的にがん検診を受ける事で癌になっても死なずに済むようになります。

 

 

癌を予防するための生活習慣について

癌は日本人の死因一位の病気なので、日常生活の中で予防していかなければいけません。

 

そこで癌を予防するための生活習慣について見ていく事にしましょう。

 

喫煙しない生活習慣にする

癌になってしまう原因はいくつかありますが、特に多いのが喫煙する生活習慣を送っている人です。タバコにはニコチンが含まれていますが、発癌性があるので癌になってしまう可能性が高いです。特に肺、食道、胃などの癌になりやすく、命を落とす危険性もあるので癌を予防するための生活習慣を送るには、まず喫煙しない事が大切になってきます。

 

 

自炊する生活習慣にする

最近ではいろいろなファーストフード店が出てきていて、ほとんど外食の生活習慣を送っている人も増えてきています。ファーストフード店の食べ物は脂質や添加物が多く含まれているので、内臓に負担をかけてしまいます。特に胃や腸に負担がかかり、癌になってしまう事も少なくありません。癌を予防するための生活習慣を送るには、自炊する生活習慣にして、野菜や大豆製品など癌を予防する事が出来る食べ物を食べる事が大切になってきます。

 

癌を予防するための生活習慣を送るようにすれば、体の免疫力も高まって寿命も長くなります。一石二鳥ですね。

 

 

癌治療には、ライフスタイルの改善も効果あり

遺伝よりライフスタイル

『癌』と言うと、それまでは遺伝的な要因が大きく関わる病気と見なされており、両親や親戚内で癌になってしまった人がいれば、自分も将来的に癌に侵されてしまうのではないかと、不安になる人が後を絶ちませんでした。しかし、最近のアメリカの医療研究によると、早死にする癌患者の半数以上は不適切な食事や運動不足、過労によるストレスなどの生活習慣に問題があるとされており、遺伝的な要因がかかわる比率は20%にも満たない数値だと推定されています。

 

高度な先進医療による癌治療も重要かもしれませんが、こうした研究によって明らかなのは、各人のライフスタイルが癌を治療する上での明暗を分けるという点です。

 

特に気をつけたい食事

中でも、バランスの取れた食事生活は、健康を保つだけではなく癌の治療に効果的とされています。癌治療の際に食べる食品としては、できるだけ近くの産地で採れた、最小限の加工処理しかしていない質の高い食品を選ぶようにしましょう。注意したい点は、スーパーで売られている白米や食パン、麺類はほとんどが『精製食品』であり、そうした精製食品は身体に必要な栄養素である繊維質や、ビタミン、ミネラルが著しく欠けています。さらに精製食品には、多すぎる脂肪、塩分、保存料などの化学添加物が含まれていることが多く、過剰摂取すると体内の癌細胞がより増殖する恐れがあります。

 

 

そのため、出来れば新鮮な野菜やフルーツ、そして精製されていない全粒穀物の食品を、バランス良く摂ることが大切です。特に、ビタミンCが豊富なブロッコリーやキャベツ、またオレンジといった柑橘類には癌を抑制する働きがあり、これらの食品を良く食べる人は、そうでない人と比較して胃癌や食道癌の発生率が低いとされています。

 

もしも、今まで偏った食生活を送っていた人は、一度自分の1週間分の食事をリストに書き出してみて、食事内容を改善してみては如何でしょうか。

 

癌の治療

癌の治療には主に3種類あります。

 

手術

癌の治療で、一番行われるのが手術療法です。手術療法は癌の病巣を切除します。さらに、他の臓器やリンパ節などに転移があれば同時に切除します。切除可能な状態であれば手術療法が一番の治療法だと言われています。さらに他の臓器やリンパ節などに転移がなければ、癌が完治する可能性が高いのが手術のメリットです。

 

化学療法(抗がん剤)

次に癌の治療に有効なのが化学療法です。化学療法とは、主に抗がん剤によって癌細胞を死滅させることが目的です。また、抗がん剤は癌の増殖を抑えることもできます。抗がん剤は、点滴や注射などで体内に投与します。ごく小さな転移などにもとても有効な治療法です。しかし、抗がん剤にはデメリットもあります。それは副作用がキツいことです。髪の毛が抜けてきたり、吐き気やしびれ、倦怠感などの副作用が起こります。なので抗がん剤治療は患者さんにとっては、とてもつらい治療法だと言えます。

 

放射線治療

次に有効な治療法は、放射線治療です。放射線治療は、癌に直接放射線を当ててがん細胞を死滅させる治療法です。最近では放射線を癌に集中的に当てることが可能になり、効果が格段に上がっています。しかし、皮膚や粘膜が炎症を起こしたりする場合があります。

 

それぞれのメリット、デメリットを考えた上で、患者さんにベストの治療法を選ぶことが大事です。

 

癌の治療補法も

死亡原因の三大疾病であるガンは今日本人にも多い病気です。

 

最近の芸能人のニュースでは小林麻央さんの闘病生活に胸が痛みます。これまでは手術がガン治療の中心にあったのですが最近では薬物療法や放射線療法などが進歩し、ガンのステージによって手術とかわらない効果も認められる場合も増えてきました。

 

手術療法では小さな転移が見られなければ完治の可能性が高いのがメリットです。手術の問題点は傷の治癒と回復に時間がかかる、臓器を切除することにより体の機能が失われることがあります。薬物療法(抗がん剤)は血液を通して全身に薬物がめぐるため、ごく小さな転移にも効果的ですが、問題点が副作用です。この副作用が脱毛、吐き気、倦怠感、しびれ、などの副作用がとても強く肝臓や腎臓などの障害がさけられず患者さんにとってはとても辛い治療法になります。次に、放射線療法はガンの病巣部分に放射線を照射してガン細胞を死滅させる方法です。医学の進歩によりガンの大きさや位置を正確に測り、その部分にだけ集中的に照射することが可能になって効果は格段に向上しています。問題点は放射線障害が現れたり、めまいなどの全身症状などです。

 

現在では、補助的に姫マツタケなどのサプリを飲む方も増えています。癌にも有効とされる成分が含まれているためですね。病院での治療が前提ですが、姫マツタケを摂取してみるのも良いと思います。

 




あきらめずに戦う人へ:国産の姫マツタケ【ABPS 待望の7日間トライアル発売開始】

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加